サイトマップ
キーワードimage01 キーワードimage01 キーワードimage01

横浜の求人サイトでも多くみられるデリヘルという風俗の特徴について

コンビニエンスストアや大手自動車会社の工場など今の日本では様々なところで「24時間営業」という言葉が目立つようになりました。しかし今でも24時間営業ができないという所もあります。

■風営法によって禁止
実は風俗のお店は深夜の営業が禁止されています。これは風営法という法律によって禁止されている関係です。一時期風俗では無くクラブにその法律が適用されたことから問題になったことがありましたが、風俗は元々風営法を守らないとすぐに営業許可を取り消されてしまうためかなり敏感です。

そのため店舗を構えている風俗はたとえお客さんがたくさん集まっていても24時間営業ができないため、途中で必ず店じまいになります。逆を言えばそこで働く女性にとってみたら1日の終わりがきちんと決まっているため時間が読みやすいという利点がありますね。

■デリバリーヘルスはOK
しかし24時間営業禁止の規制が対象にならない風俗の業態もあります。それは「デリバリーヘルス」です。風営法では店舗を構えるお店は24時間営業を禁止するとしているだけで、店舗を構えないデリバリーヘルスは24時間いつでも営業してよいと言うことになっています。

夜中になると店舗営業の場合、お店の中で何をしているかわからなくなるという欠点を排除するために24時間規制があるだけで店舗の無いデリバリーヘルスにまで規制する必要は無いのです。遅い時間からでも働きたいというあなたはデリバリーヘルスを選ぶことをおすすめします。

■働きたい時間に働く
求人を確認するときには働きたいときに働けるのかと言うことをチェックすることが大切です。業態による営業時間の規制はチェックするときの判断基準として有効に機能しますよ。

Tags: | Categories :関連するつぶやき

▲PAGE TOP